身体の外側と内側からアプローチする統合医療(アンチエイジング法)

アンチエイジング

いわゆる統合医療とは、近代西洋医学を前提に代替療法や伝統医学などを組み合わせて、QOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる医療のことです。当院では積極的に若返りを図り、心身ともに快活な生活を送っていただくことを目的として、身体の外側と内側の双方向からアプローチするアンチエイジング法を採用しております。

アンチエイジングとは
アンチエイジングとは身体の内側と外側から行う療法によりエイジング(老化)を予防することをいいます。一般的な歯科医療での「外側からの方法」としては、歯や歯ぐき、お口周りを中心に見た目を若々しくする方法が挙げられます。

当院では見た目だけではなく、体の内側から健康で若々しくするアンチエイジング法を取り入れています。

オーソモレキュラー医学

オーソモレキュラー療法歯科統合治療のベースとなっている概念がオーソモレキュラー医学です。オーソモレキュラー医学(Orthomolecular Medicine)とは「体の中に自然に存在するビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を分子レベルで最適な量を投与して病気の治療・予防をする医学」です。

具体的な流れとしては必要に応じた血液検査、ホルモン総合検査、フードアレルギー検査などを行い、問診や歯科検査などの情報と併せて食事栄養指導、生活習慣指導、サプリメントアドバイス、各種点滴療法などを行います。3か月程度の目安に再評価のために検査を行います。

オゾン療法

欧州では約50年の歴史があり、一般的な治療法として多くの医師から支持されている療法で、近年ではアジア諸国など数多くの国でも治療が行われています。

具体的には、患者さんご自身から100cc程度の血液を採血し、それにオゾンを反応させます。その後オゾン化された血液を再び体内に戻すことで、赤血球の酸素運搬能力を向上させ、白血球の免疫力を高めることができます。さらに血小板の凝固作用が抑制されることで血液がサラサラの状態になります。

これにより免疫力が高まり、自己治癒力が強化され、さらに抗酸化力を向上させるなどの効果が期待され、その結果さまざまな症状の改善が期待できます。オゾン療法の治療時間は、およそ20~30分程度です。

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴高濃度ビタミンC点滴は、血管の静脈内に大量の高濃度ビタミンCを点滴することにより、体内の血中濃度を高め、老化の原因とされる活性酵素を無毒化する抗酸化作用を目的とした治療法です。

精神的なストレスや喫煙、飲酒、過剰な労働、睡眠不足などによって増えすぎた活性酵素は老化の原因となるばかりか、癌の原因にもなるといわれているため、実際に癌の患者さんへの治療法として世界的に広く取り入れられています。癌以外にもアトピーの改善や乾燥肌の改善、免疫力アップや各種生活習慣病予防などにも効果が期待されます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております