矯正認定医による見えない裏側矯正で誰にも気づかれずに美しい歯並びに

見えない裏側矯正

皆さんは、矯正治療に対してどのようなイメージをお持ちですか?「ギラギラとした金属の装置が目立つ」「矯正しているのが周りの人にバレてしまう」「治療中のむし歯が心配」など、治療中の不安をお持ちの方も多いことでしょう。中には、装置が目立つために治療を諦めている方もいらっしゃいます。
そうした方に最適な矯正治療が、当院が力を入れている裏側矯正(舌側矯正)です。裏側矯正でしたら、歯の裏から矯正するので、歯の表からは矯正装置がまったく見えません。人目を気にせずに矯正治療が受けられます。当院の裏側矯正で、人知れず美しい口元に変身しましょう。

● 裏側矯正とは

裏側矯正は、ブラケットとワイヤー(矯正装置)を歯の裏側に取り付けて歯を動かしていく治療方法です。裏側から装着するので、装置がまったく見えません。人目を気にせずに矯正ができます。

山形県でも数少ない、裏側矯正に取り組む歯科医院です

裏側矯正

近年、裏側矯正のニーズが高まっていますが、山形県内で裏側矯正のできるクリニックはそう多くはありません。矯正装置の取り付けが難しく、高い技術力を必要とするからです。
当院は山形市内では数少ない、裏側矯正のできる歯科・矯正歯科クリニックです。院長は裏側矯正を専門とするクリニックでの勤務経験があり、高度な裏側矯正テクニックを身に付けてきました。また、日本矯正歯科学会や日本成人矯正歯科学会の認定医の資格を持ち、ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(ESLO)や世界舌側矯正歯科学会(WSLO)をはじめとした裏側矯正専門学会の認定医である、裏側矯正のエキスパートです。
常に最新の裏側矯正治療を提供できるよう、最新装置の研究や技術の向上に努めています。裏側矯正のできるクリニックを探している方は、ぜひ当院にご相談ください。

見えない裏側矯正

見えない裏側矯正

裏側矯正の最大のメリットは、装置が目立たないことです。
表側からは一切見えないので、周りの人には矯正していることがわかりません。口元が気になる方、営業職や受付業務など人と接する機会がある方でも、人目を気にせずに治療ができます。
装置を付けていると歯ブラシが当たりにくく治療中のむし歯が気になりますが、表側に装着したときに比べるとむし歯になりにくいようです。痛みや治療期間に関しては、表側の場合とほとんど違いはありません。
その一方で、装置の違和感や異物感があり、舌にあたって傷ついたり、喋りづらさを感じたりすることもあります。また、治療費も表側矯正より若干高めになるなど、デメリットもあります。メリット・デメリットの説明をきちんと受けた上で、治療を受けましょう。

裏側矯正のメリット
  • ・装置が見えないので、人目を気にせずに治療ができる
  • ・むし歯になりにくい
  • ・治療期間や痛みは表側矯正とほぼ同じ
裏側矯正のデメリット
  • ・舌が装置にあたって傷つきやすい
  • ・装置の違和感や異物感がある
  • ・装置が邪魔になって喋りにくい
  • ・治療費用が高い

当院の裏側矯正装置

裏側矯正装置にはさまざまなシステムがあり、症例ごとに得られる効果が変わってきます。当院では3種類のブラケットを症例ごとに使い分けています。ここではリンガルブラケット矯正歯科装置(ALIAS)ブラケットをご紹介します。

リンガルブラケット矯正歯科装置(ALIAS)

従来の裏側矯正装置はコンパクトさに欠けるため、舌にあたったときの違和感が強く、舌が動かしにくい、歯の動きが遅いなど、いくつかのデメリットがありました。当院では、「リンガルブラケット矯正歯科装置(ALIAS)」を使い、違和感の少ない裏側矯正を行っています。

アリアス(ALIAS)アリアス(ALIAS)

アリアスシステムは、イタリア人ドクターと日本人ドクターが発表したシステムで、「快適で、速く、確実な矯正治療」を実現しています。
治療期間、治療時間ともに短くなりました。ワイヤーの形がシンプルになり、さらに弱い力で歯を動かすことが可能となったため「歯に優しい」システムです。

<アリアスシステムのメリット>
  • ・装置が舌にあたったときの異物感が少ない
  • ・装置が邪魔にならないので喋りやすくなる
  • ・弱い力で歯を動かすので、速く歯が動いて痛みが少ない
矯正治療はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております