選択肢を広げる幅広い治療法の提案

充実したカウンセリング食文化には、和食もあれば洋食もあり、世界各国のさまざまな料理があります。和食しか知らなかった方が、あとからトルコ料理の美味しさを知ったら「もっと早く知っていれば良かった」と思われるでしょう。治療の提案も同じで、1つに絞ってしまうと患者さんの選択肢を狭めてしまいます。

また、同じ症状や症例でも、すべての方がまったく同じ治療法とは限りません。患者さんの年齢や生活環境、家庭環境、あるいはご要望によって、アプローチの仕方は変わってきます。選択肢を広げるためにさまざまな角度から診断を行い、可能性のある治療法をすべてご提案します。

保険と自費の違いから始まり、治療内容や治療結果、費用に至るまで、それぞれのメリット・デメリットをご説明いたします。検討材料はすべてお伝えしますので、ご自身の判断で治療法をお選びください。

時には患者さんのご希望を優先できないこともあります
歯の状態や症状によっては、ご要望を100%取り入れるのが難しいこともあります。その場合は、患者さんの将来のお口の健康を考えた別の治療法を提案することもあります。もちろんドクターの考えを一方的に押し付けることはいたしません。患者さんのご意見を何回もお聞きし、相談を重ね、納得いただいた上で治療法を選んでいただきます。

仮に、ドクターが提案した治療法以外を選択されても、患者さんの意志を尊重します。審美性、機能性、予後に至るまで、治療後に起こり得ることをあらかじめお伝えし、納得していただいてから治療に移ります。どのような治療法を選択されても、当院は患者さんの意志を尊重し、ベストを尽くして治療に取り組みます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております