カルテを家族単位で管理

カルテを家族単位で管理歯科医院では、お口の中の状態や治療内容をカルテに記入し、次回の診療時にそれを見ながら治療を進めていきます。通常は1人の患者さんに対して1つのカルテを作りますが、当院では家族単位でカルテを作成し、家族ごとに管理しています。

家族単位のカルテと聞くと、驚かれる方も多いでしょう。当院にはご家族で相談に来られる方が多いため、お婆ちゃんやお爺ちゃんのカルテの後ろにお嫁さんやお孫さんのカルテを付け足しているうちに、今の形になってしまったのです。カルテを家族単位にしたことで、ご家族のお口の中の状態が把握でき、家族全員の歯の健康をお守りすることができるようになりました。

家族単位で管理するメリット
ご家族の治療履歴をたどっていくと、お口の中の環境をある程度推測することができます。たとえばむし歯が多いお子さんの場合、ご家族のカルテを調べていくと、お婆ちゃんやお母さんにもむし歯が多いことがわかります。その場合はすぐにご家族をお呼びし、食生活や生活習慣改善の指導をします。また、ご両親が矯正治療をしていると、お子さんも歯並びや噛み合わせが悪いケースが多く、遺伝や家庭環境が影響していることもわかります。

その患者さんだけを見ていると、こうした背景を知るまでに相当の時間がかかり、時には見逃してしまうこともあります。家族単位でカルテを管理することで、遺伝や生活環境など間接的な要因を探り、患者さんの将来のお口の中の環境を予測できます。それをもとに、治療期間や治療費用も含めた上で最善の治療が提案できます。家族単位のカルテが、ご家族全員の歯の健康とハッピーな毎日をお守りします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております