見えない裏側矯正

見えない裏側矯正裏側矯正の最大のメリットは、装置が目立たないことです。表側からは一切見えないので、周りの人には矯正していることがわかりません。口元が気になる方、営業職や受付業務など人と接する機会がある方でも、人目を気にせずに治療ができます。

装置を付けていると歯ブラシが当たりにくく治療中のむし歯が気になりますが、表側に装着したときに比べるとむし歯になりにくいようです。痛みや治療期間に関しては、表側の場合とほとんど違いはありません。

その一方で、装置の違和感や異物感があり、舌にあたって傷ついたり、喋りづらさを感じたりすることもあります。また、治療費も表側矯正より若干高めになるなど、デメリットもあります。メリット・デメリットの説明をきちんと受けた上で、治療を受けましょう。

<裏側矯正のメリット>
・装置が見えないので、人目を気にせずに治療ができる
・むし歯になりにくい
・治療期間や痛みは表側矯正とほぼ同じ

<裏側矯正のデメリット>
・舌が装置にあたって傷つきやすい
・装置の違和感や異物感がある
・装置が邪魔になって喋りにくい
・治療費用が高い

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております