部分矯正では治らない歯並びの例

歯並び全体を矯正しないと機能的な問題が発生してしまう方は部分矯正をすることができません。機能とは、咀嚼(食べ物を噛む)、発音など指します。具体的には以下のような方は部分矯正の適応外となる可能性が非常に高いです。

反対咬合
(受け口)
反対咬合
上顎前突
(出っ歯)
上顎前突
開咬
(前歯で噛めていない)
開咬


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております