短い期間で歯並びがキレイに!

矯正歯科

・矯正治療で、本当に歯並びがキレイになるの?
・治療期間をもっと短くすることはできるの?
・矯正中は痛みがあると聞いたけど、痛いのはイヤ
・目立たない装置を使いたい
・できるだけ早く終えたい

このように、矯正治療について不安や疑問をお持ちの方はいませんか?歯列矯正は歯をゆっくり動かすため治療期間が年単位となり、装置の煩わしさもあります。最近では治療技術が改良されて、ストレスのない治療ができるようになりました。噛み合わせが気になる方は、一度ご相談ください。

●矯正治療とは
矯正治療は、歯の性質を利用して歯並びや噛み合わせを治す治療で、矯正装置を使って歯を動かしていき、正常な状態に戻していく治療です。

矯正のスペシャリストによる高度な矯正治療

高度な矯正治療当院の院長は日本矯正歯科学会の認定医で、矯正歯科のスペシャリストです。これまでに3,000症例を超える臨床実績があり、機能性と審美性を重視した、患者さんにとってベストな矯正治療を提供しています。

矯正技術の向上とともに、患者さんのニーズも、より早く、より美しく、より痛みが少ない治療へと変わってきています。当院では症例ごとに装置を使い分け、長年の経験の中で磨き上げてきた技術力で、より早く、より機能し、より痛みやストレスの少ない矯正治療に取り組んでいます。

当院の矯正歯科の特徴

【特徴1】少ない治療回数で短期間に終わる当院の矯正歯科の特徴
矯正治療は、歯をゆっくり動かしていくため治療期間が長くなり、月に一度の調整のために通院しなければならず、患者さんの負担も大きくなります。当院では、患者さんの負担の少ない矯正治療に取り組んでいます。

摩擦の少ない矯正装置「ローフリクションシステム」、見えない矯正「裏側矯正」、取り外しのできる「マウスピース矯正」、治療期間が短縮できる「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療」など、症例に合った矯正装置を使用し、治療期間の短縮と、痛みや違和感の少ない矯正治療を実現しています。

少ない治療回数と期間はこちら

【特徴2】明確な料金体系
矯正治療の料金体系は患者さんにとってわかりにくい部分があり、治療後、予想以上に費用がかかってしまった、ということも珍しくありません。しかし当院では定額制を採用していますので、料金体系が明確です。

治療開始から終了までにかかる費用を最初に提示しますので、万が一治療期間が延びても、追加料金は一切ありません。ただし、予定より治療が早く終わった場合のご返金はありませんのでご了承ください。

【特徴3】一般歯科の併設で、治療前の処置がスムーズに
むし歯や歯周病があると、矯正治療を始める前にむし歯治療などが必要です。矯正専門クリニックでは、かかりつけの歯科医院や提携クリニックに行ってその治療を受けなければなりません。

当院は一般歯科を併設していますので、矯正前の処置がすぐにできます。万が一治療中にむし歯ができても、速やかに対応できるので安心です。また、お口の中全体を見ていくので、患者さんの10年、20年先を考えた総合的な矯正治療ができます。

当院で扱う矯正装置

【痛みの少ない矯正】ワイヤー矯正当院で扱う矯正装置
歯の表側にブラケットを取り付ける矯正システムで、当院では摩擦が少ない「ローフリクションシステム」を採用しています。

これまでのワイヤー矯正装置は、ワイヤーで引っ張りながら歯を動かすため、人によっては強い痛みや違和感がありました。「ローフリクションシステム」は、ブラケット(矯正装置)とワイヤーを結ばないので、歯をスムーズに動かすことができます。これにより、矯正中の痛みや違和感が少なくなり、治療期間も短縮できるようになりました。また、ブラケットは目立ちにくく汚れが付きにくいので、むし歯や歯周病のリスクも軽減し、ストレスの少ない矯正治療が可能となりました。

【見えない矯正】治療裏側矯正(舌側矯正)当院で扱う矯正装置
歯の裏側にブラケットを取り付ける矯正治療です。裏側に矯正装置を付けるので、表側からは一切見えません。ほかの人に気づかれずに矯正できるので、見た目を気にする方でも安心して矯正治療ができます。

裏側矯正のブラケットには数種類ありますが、当院では主に3種類のブラケットを使用し、症例に合わせて装置を使い分けています。

見えない裏側矯正はこちら

【目立たない矯正】マウスピース矯正当院で扱う矯正装置
透明プラスチック製のマウスピース型の矯正装置です。取り外しのできる透明な装置なので、装着していてもほとんど気づかれることがありません。また、食後に取り外して歯みがきができるので、矯正中のむし歯の心配もありません。

マウスピース矯正の装置にはさまざまな種類がありますが、当院ではマウスピース型矯正歯科装置(クリアアライナー、完成物薬機法対象外)を使用しています。定期的に、歯並びに合わせた新しいマウスピースと交換しながら歯並びを整えていきます。特に上下の前歯の軽いズレやねじれの矯正に最適です。しかし、長時間の装着が必要、歯を抜く治療には適応が難しい、治療期間が明確にならない、などの欠点があります。また、クリアアライナー完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

【特殊な矯正】歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療当院で扱う矯正装置
インプラント技術を応用した矯正方法です。顎の骨にミニインプラントを埋入し、それを支柱にしてワイヤーを取り付けて歯を引っ張り、歯を動かしていく治療法です。インプラントの埋入のために簡単な手術が必要ですが、抜歯を最小限に抑えることができます。従来の装置では難しい歯の動きも可能となり、治療期間の短縮にもつながります。

矯正治療のメリット

矯正治療のメリット歯並びが悪いとお口の中に汚れが溜まり、むし歯や歯周病になりやすくなります。噛み合わせも悪くなり、しっかり物を噛まずに飲み込むため、胃腸にも負担がかかります。また見た目にも大きな影響があり、人前で口を隠したり思い切り笑えなかったり、中には強いコンプレックスを感じてしまう方もいます。こうした問題は、矯正治療を受けることで解消できます。

<矯正治療のメリット>
・歯が磨きやすくなって、むし歯や歯周病ができにくくなる
・食べ物をしっかり噛めるようになり、胃腸に負担がかからなくなる
・口元がすっきりして顔の印象が明るくなり、前向きな性格に変わっていく
・被せ物を装着する際、きちんと入る
・ホワイトニングをしたときに、より美しさが引き立つ

子どもの矯正治療(小児矯正)

小児矯正一般的にお子さんの矯正治療は、乳歯から永久歯に生え変わる(6~12歳頃)「混合歯列期」から始めるのがベストです。この時期はお子さんの成長期にあたり、歯の動きが早く、骨を拡大したり移動したりしやすい時期です。顎の成長を利用すると、お子さんの負担が少ない矯正が可能となります。また、この時期に治療を始めることにより、歯を抜いて治療する可能性を低くすることができます。

<お子さんの矯正治療は、2ステップで行います>
I期治療(小児矯正) 前歯が永久歯に生え変わる時期(8~10歳頃)にあたります。顎の成長を利用し、取り外し可能な矯正装置、固定式の矯正装置などを使って矯正します。治療期間は比較的短く、6~12か月程度です。
II期治療(本格矯正) 永久歯が生え揃ったあと、13歳~成人になってから行う治療です。固定式の「マルチブラケット」装置を使用して治療を行います。

お子さんの成長には個人差があり、成長段階や症状によっても、開始時期や治療方法が変わります。経過観察をしながら適切な時期を見極めますので、お子さんの歯並びが気になる方は、なるべく早めにご相談ください。

大人の矯正治療

大人の矯正治療矯正治療は顎の成長を利用するので、大人になってからでは無理だと諦めている方も多いようですが、矯正を始める時期には決まりがありません。いくつになっても始められます。とはいえ、すでに顎の成長が止まっているので治療期間は長くなり、場合によっては抜歯も必要です。

最近では矯正装置が改良されて、痛みや違和感が少なく、治療期間の短縮ができるようになりました。患者さんの前向きな気持ちがあれば治療は可能ですので、歯並びが気になる方は、ぜひ一度、カウンセリングを受けてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております