今よりもしっかり噛めて、痛くなく外れない快適な入れ歯

入れ歯治療

・インプラントにしたいけど、骨が薄くてできないと言われた
・金属が目立つ入れ歯は使いたくない
・入れ歯を入れると痛くて噛めない
・入れ歯がズレて喋りにくい

このように、入れ歯のことでお悩みではありませんか?合わない入れ歯を使っていると、残っている歯に悪い影響を与えるだけでなく、気分的にも憂鬱になってきます。当院の入れ歯は、痛くなくて外れない入れ歯です。お口に馴染むまで調整を繰り返しますので、入れ歯でお困りの方は、当院の入れ歯で噛める喜びを取り戻してください。

●入れ歯とは
入れ歯は、取り外しができる人工歯です。ブリッジのように隣接する歯を削る必要がなく、インプラントのように大掛かりな手術がいりません。治療期間や治療費を抑えることができ、身体への負担も少ない治療です。

調整とリハビリ、使い方をマスターして快適な入れ歯に

入れ歯治療当院の入れ歯は、痛くなくて外れない入れ歯です。だからといって、すぐに何でも食べられるわけではありません。入れ歯は万能のように思われがちですが、あくまでも人間が作った道具です。正しい使い方をマスターしなければ、使いこなすことはできません。また、今まで使っていなかった筋肉を使うようになるので、リハビリも必要です。

まずは柔らかいものから慣らしていき、ゆっくりとお口に馴染ませていきます。また、始めのうちは痛みやズレがありますが、調整を繰り返していくうちに安定してきます。これらを行うことで、患者さんのお口に馴染んだ、快適な入れ歯となっていきます。

入れ歯の本来の目的は、お口の中でしっかり機能することです。今より少しでも「噛める入れ歯」を目標に、患者さんが納得するまで調整を重ねます。少しでも不調を感じたら、遠慮せずにご相談ください。

自費の入れ歯と保険の入れ歯、その違い

自費の入れ歯と保険の入れ歯入れ歯には、保険適用と自費診療(保険外)があり、初めてお作りするとき、どれを選べば良いのか迷ってしまう方がいらっしゃいます。保険と自費の違いを細かく見ていくとキリがありませんが、大きな違いは使用する素材です。素材ごとに特徴があり、素材によって見た目の美しさや安定性が変わってきます。それぞれのメリット・デメリットを確認し、ニーズに合った入れ歯をお選びください。

保険の入れ歯でも、納得するまで調整します
保険の入れ歯は、機能性に欠けるため敬遠されがちです。素材が限られているため快適性に欠けますが、保険適用の入れ歯でも調整を繰り返すことでお口に馴染んできます。それは、自費診療の入れ歯でも同じです。入れ歯をお作りしたあとは納得するまで調整しますので、保険適用・自費診療にこだわらず、用途やご予算、お好みに合わせてお選びください。

<自費と保険の入れ歯の違い>
素材 特徴
保険適用 レジン(歯科用のプラスチック)のみで、素材を選ぶことができません。 熱に強く汚れが付きにくいので、取り扱いが簡単です。その一方で、厚みがあるため違和感があります。
自費診療 チタン、コバルト、金合金などの金属やシリコンなどがあり、ライフスタイルに応じて好みの素材を選べます。 素材により異なり、熱伝導率が高くて食べ物の風味を損なわないものから、軽くて薄く、ジャストフィットするものまでさまざまです。

当院の入れ歯メニュー

【ノンクラスプデンチャー】軽くて薄く、目立たない入れ歯当院の入れ歯メニュー
金属バネを使わない、軽くて目立たない部分入れ歯です。金属を使わず歯に固定させるので、装着したときにバネが目立たず、口元に馴染んで自然な印象を与えます。軽くて薄い素材を使用し、装着時の違和感がほとんどなく、金属アレルギーの心配もありません。審美性と快適さを重視する方には最適な入れ歯です。

【金属床入れ歯】食べ物の味を損なわない当院の入れ歯メニュー
上顎にあたる「床」部分に、金属を使用した入れ歯です。金属床のメリットは、熱が伝わりやすいので食べ物の風味を楽しめること。生体親和性にも優れ、アレルギーを起こしにくい素材なので、金属アレルギーのある方でもお使いいただけます。

【プラスチックの入れ歯】保険が適用できる入れ歯当院の入れ歯メニュー
プラスチック素材の入れ歯です。保険が適用できるので、治療費を抑えることができます。また短期間で仕上がるので、治療期間も短縮できます。保険の入れ歯でも、きちんと調整することで日常生活に支障なくお使いいただけます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております