子どもにトラウマを残さない小児歯科

小児歯科

・診療室に入ると、子どもが泣いて治療を嫌がる
・1人で診療室に入れない
・子どもを初めて歯医者さんに連れていくので、治療ができるか不安

このように、お子さんの治療でお困りではありませんか?子どもの頃に歯医者さんで嫌な思いをすると、歯医者さん嫌いな大人になってしまいます。当院の小児歯科は、お子さんにトラウマを残さない治療です。不安を取り除いてから治療をするので、歯医者さん嫌いのお子さんでも安心して通院できます。

最初はお母さんと一緒に歯みがきの練習から小児歯科
初めて診療室に入ったお子さんは、見るもの、聞くこと、初めてのことばかりです。何をどうすればよいのかわからずに戸惑ってしまいます。その状態で治療をすると、お子さんの不安を煽るばかり。特に繊細な子は、診療室に入っただけで怖気づき、泣き出してしまいます。まずは、お子さんの不安や緊張を取り除いてあげることが先決です。

初めてのお子さんは、お母さんと一緒に歯みがきの練習から始めて、歯医者さんの雰囲気に慣れてもらいます。1回で慣れるお子さんはほとんどいませんが、数回繰り返していくうちに、怖がらずに治療を受けられるようになります。

自発的に治療ができるようになるまで待ちます
痛みがあり、治療をしようとすると泣き出してしまうことがあります。痛みを取り除くことは大切ですが、無理に治療をしようとすると、それがトラウマにならないとも限りません。一旦お帰りいただき、日を改めて来ていただきます。

治療が始まるまでの期間が長く、お母さんは不安に思うかもしれませんが、お子さんは大人以上に空気を読むのが上手です。周りの様子を理解できるようになると、ほとんどのお子さんは嫌がらずに治療を受けられるようになりますのでご安心ください。

長期休みを利用した、無理のないメンテナンス

無理のないメンテナンス近頃のお子さんは、学校の部活や塾、習い事があり、大人以上に忙しいスケジュールです。むし歯治療や矯正治療を受けるときは優先的に時間を作りますが、メンテナンスのために時間を調整するのは難しいようです。

そこで当院では、春休みや夏休み、冬休みなど、長期休暇ごとのメンテナンスをおすすめしています。長期休暇を利用すれば、忙しいお子さんでも無理なく通院ができます。おおよそ3~4か月に一度の受診となりますので、ペース的にも問題ありません。お子さんの通いやすいペースでメンテナンスを受けましょう。

メンテナンスで、矯正治療開始時期も見極める
メンテナンスでは、お口の中全体を確認し、お口の中の汚れを落としてむし歯になりにくい環境に整えます。これは、むし歯の早期発見・治療にもつながります。また、歯並びや噛み合わせが悪いお子さんは、定期的に観察することで治療開始時期を見極めることができます。お子さんのお口を守るためにも、定期的なメンテナンスをおすすめします。

ご家族の愛情でお子さんのむし歯を予防する

お子さんのむし歯を予防お子さん1人の力では、ある程度の汚れは落とせても、奥歯などの磨きにくい場所はどうしても汚れが残ってしまいます。やはり、最後はご家族の仕上げ磨きが必要です。当院では、お子さんと一緒にお母さんにもブラッシング指導を受けていただき、正しい歯みがきの仕方を身に付けていただきます。

小学校低学年までは、お母さんが最後にお口の中をチェックして、仕上げ磨きをしてください。仕上げ磨きをしてもらうと表面がツルツルになり、その状態がお子さんにとって当たり前となり、歯みがき習慣が身に付きます。お母さんの愛情で、むし歯知らずのお子さんに育てましょう。

当院の小児歯科メニュー

【ブラッシング指導】お母さんと一緒に覚える正しい歯みがき当院の小児歯科メニュー
小さなお子さんが歯ブラシをゴシゴシと動かしても、歯にうまくあたりません。ブラッシング指導では、染出しを使って汚れを確認し、お母さんと一緒に正しい歯みがきの仕方を指導します。

【食育指導】正しい食生活を身に付けてむし歯リスクを抑える
食事が歯に与える影響は大きく、食生活を改善することでむし歯リスクを抑えることができます。食育指導では、おやつの内容や食べる時間帯、食事などの指導を行い、正しい食生活を身に付けていただきます。

【フッ素塗布】
フッ素には、歯を強くして、むし歯を予防する効果があります。市販の歯みがき剤にもフッ素配合のものが多く、上手に取り入れればむし歯を予防できます。さらに、歯科医院のフッ素塗布は市販のものよりフッ素濃度が高いので、効果的に予防ができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております