ホワイトニングで白い歯に

ホワイトニング

・歯を磨いても歯の黄ばみが落ちない
・コーヒーやワインの着色汚れが気になる
・歯の色がくすんでいて、年齢より老けて見える

このように、歯の色が気になる方はいませんか?歯の色がくすんでいると、お顔が沈んで見えて、周りの人に暗い印象を与えます。そんなお悩みを解消する治療がホワイトニングです。当院のホワイトニングで歯を白くして、笑顔の生える美しい口元にしませんか?

●ホワイトニングとは
ホワイトニングは、薬で歯を白くする方法です。歯に負担をかけず、気軽にできる方法として、ホワイトニング人気が高まっています。

歯を削らずに白くする

ホワイトニングワインやコーヒーなどの着色汚れ、歯のくすみや黄ばみは、歯の内側から変色しているので、歯ブラシでこすっても白くはなりません。これまで、歯の黄ばみやクスミは歯を削ったり被せ物をしたりして白くしていました。この方法だと健康な歯を削るため、歯にダメージを与えてしまいます。これに代わり、歯を痛めずに白くできる方法がホワイトニングです。

ホワイトニングは、薬を使って歯を白くする方法で、数回の施術で歯が白くなります。施術方法には、歯科医院で施術する「オフィス・ホワイトニング」と、自宅でできる「ホーム・ホワイトニング」があります。施術方法やホワイトニング剤など、いくつかの違いはありますが、いずれも効果は同じです。当院では、自宅でできる「ホーム・ホワイトニング」を扱っています。

家にいながら白い歯に【ホーム・ホワイトニング】
家にいながら、好きなときにできるホワイトニングです。マウスピース型のトレイの中に専用のホワイトニング剤を入れて装着し、歯の内側から白くする方法です。薬剤が徐々に浸透していき、1日数時間の装着を数週間続けると、歯が徐々に白くなっていきます。オフィス・ホワイトニングに比べると効果を実感できるまでに時間がかかりますが、期間を前後させることで、好みの白さに調整できます。比較的後戻りが少なく、費用を抑えられる方法です。

ホワイトニングを受ける前に

ホワイトニングホワイトニングは気軽に歯を白くする方法ですが、歯の状態によっては、歯や身体にダメージを与える恐れがあります。歯科衛生士からメリット・デメリットの説明を受けて、十分に納得した上で施術を受けてください。

<ホワイトニングのメリット>
・削らずにできるので、歯を痛める心配がない
・ホワイトニング剤の副作用がほとんどない
・歯や身体への負担が少ない
・数回の施術で見違えるような白さになる

<ホワイトニングのデメリット>
・後戻りしやすく、白さを持続させるには定期的な施術が必要
・人工歯や変色が強い歯は白くならない
・ホワイトニング剤の刺激で知覚過敏を起こすことがある

<ホワイトニングの禁忌症>
・ホワイトニング剤にアレルギーがある方
・妊娠・授乳中の方
・神経がない歯、人工歯がある方
・エナメル質・象牙質形成不全症、重度のテトラサイクリン変色歯の方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております