むし歯の進行と症状

むし歯は、細菌が歯の表面を少しずつ溶かしていき、やがて歯のほとんどを溶かしていくお口の中の病気です。初期段階ではほとんど痛みがありません。症状が進むにつれてしみるようになり、激しい痛みが伴うようになります。さらに症状が重くなると、神経が壊死して痛みを感じなくなります。

むし歯の進行と治療方法
●第一度(CO)脱灰CO
症状:エナメル質の表面が酸で溶かされた状態で、この段階ではほとんど痛みはありません。
治療:歯科医院でフッ素塗布をすると、再石灰化が期待できます。

●第二度(C1)エナメル質のむし歯C1
症状:エナメル質が溶かされた状態で、この段階になると再石灰化は望めません。
治療:むし歯菌に感染した部分を削り、詰め物を入れる治療をします。

●第三度(C2)象牙質のむし歯C2
症状:むし歯が象牙質まで達した状態で、冷たい飲食物や、甘い食べ物がしみるようになります。
治療:むし歯菌に感染した部分を削り、被せ物を装着する治療をします。

●第四度(C3)神経に達したむし歯C3
症状:むし歯が神経まで達した状態で、強い痛みを感じるようになります。
治療:歯を大きく削って神経を取る処置(抜髄)をしたあとに、被せ物を装着します。

●第五度(C4)歯根に達したむし歯C4
症状:むし歯が歯髄(歯の根)にまで達して大きな穴があき、残っている歯質がほとんどない状態です。
治療:残っている歯質があれば抜髄をして、土台を立ててから被せ物を装着します。状態が悪い場合は抜歯となります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております