痛みに配慮した治療

痛みに配慮した治療同じ治療内容でも、ある方は強い痛みを訴え、別の方はほとんど痛くなかったとおっしゃいます。また、治療後に食事をする方は、できるだけ麻酔が早く切れてほしいと望むかもしれません。

当院では、患者さんの要望に合わせた、できるだけ痛みの少ない治療に取り組んでいます。治療前に、患者さんの治療後の予定や体質、ご要望などを確認し、麻酔の量を調整します。

痛みに強い不安があればしっかり麻酔をかけ、治療後に食事の予定があるときは、麻酔液の量を減らして早めに切れるようにします。その場合は、麻酔が効いている時間や切れたときのことも含めて説明しておきます。麻酔に関するご要望がありましたら、遠慮せずにドクターまでお申し付けください。

【取り組み】痛みの感じにくい部分に針を刺す
お口の中には痛みを感じやすい部分(痛点)があります。ここに針を刺すと痛みを強く感じるので、麻酔をするときは痛点を外して痛みを感じにくくします。痛みがまったくなくなるわけではありませんが、強い痛みではありませんのでご安心ください。

治療の途中で痛くなったら
むし歯の大きさや場所によっては、麻酔が効きにくいことがあります。治療の途中で痛くなったら麻酔の追加ができますが、その前に必ず患者さんと相談してから対応いたします。というのも、治療の進み具合によっては、あと少しで治療が終わることもあれば、削り始めたばかりの方もいます。その時々の治療の進み具合を見ながら、このまま治療を続けるのが難しい場合に麻酔を追加します。もちろん、患者さんの希望が第一ですので、必ず確認をした上で行っています。

治療前の不安を取り除く
患者さんが痛みを感じているかどうかは、目の動きや頬の内側の動脈の拍動から伝わってきます。緊張していると筋肉が硬くなり、ちょっとした刺激でも強い痛みを感じるので、事前にきちんと説明してから麻酔をします。説明があれば患者さんの不安も和らいできますので、安心して治療を受けてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております