子どもの矯正治療(小児矯正)

小児矯正一般的にお子さんの矯正治療は、乳歯から永久歯に生え変わる(6~12歳頃)「混合歯列期」から始めるのがベストです。この時期はお子さんの成長期にあたり、歯の動きが早く、骨を拡大したり移動したりしやすい時期です。顎の成長を利用すると、お子さんの負担が少ない矯正が可能となります。また、この時期に治療を始めることにより、歯を抜いて治療する可能性を低くすることができます。

<お子さんの矯正治療は、2ステップで行います>
I期治療(小児矯正) 前歯が永久歯に生え変わる時期(8~10歳頃)にあたります。顎の成長を利用し、取り外し可能な矯正装置、固定式の矯正装置などを使って矯正します。治療期間は比較的短く、6~12か月程度です。
II期治療(本格矯正) 永久歯が生え揃ったあと、13歳~成人になってから行う治療です。固定式の「マルチブラケット」装置を使用して治療を行います。

お子さんの成長には個人差があり、成長段階や症状によっても、開始時期や治療方法が変わります。経過観察をしながら適切な時期を見極めますので、お子さんの歯並びが気になる方は、なるべく早めにご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております