当院で扱う矯正装置

【痛みの少ない矯正】ワイヤー矯正当院で扱う矯正装置
歯の表側にブラケットを取り付ける矯正システムで、当院では摩擦が少ない「ローフリクションシステム」を採用しています。

これまでのワイヤー矯正装置は、ワイヤーで引っ張りながら歯を動かすため、人によっては強い痛みや違和感がありました。「ローフリクションシステム」は、ブラケット(矯正装置)とワイヤーを結ばないので、歯をスムーズに動かすことができます。これにより、矯正中の痛みや違和感が少なくなり、治療期間も短縮できるようになりました。また、ブラケットは目立ちにくく汚れが付きにくいので、むし歯や歯周病のリスクも軽減し、ストレスの少ない矯正治療が可能となりました。

【見えない矯正】治療裏側矯正(舌側矯正)当院で扱う矯正装置
歯の裏側にブラケットを取り付ける矯正治療です。裏側に矯正装置を付けるので、表側からは一切見えません。ほかの人に気づかれずに矯正できるので、見た目を気にする方でも安心して矯正治療ができます。

裏側矯正のブラケットには数種類ありますが、当院では主に3種類のブラケットを使用し、症例に合わせて装置を使い分けています。

見えない裏側矯正はこちら

【目立たない矯正】マウスピース矯正当院で扱う矯正装置
透明プラスチック製のマウスピース型の矯正装置です。取り外しのできる透明な装置なので、装着していてもほとんど気づかれることがありません。また、食後に取り外して歯みがきができるので、矯正中のむし歯の心配もありません。

マウスピース矯正の装置にはさまざまな種類がありますが、当院ではマウスピース型矯正歯科装置(クリアアライナー)を使用しています。定期的に、歯並びに合わせた新しいマウスピースと交換しながら歯並びを整えていきます。特に上下の前歯の軽いズレやねじれの矯正に最適です。しかし、長時間の装着が必要、歯を抜く治療には適応が難しい、治療期間が明確にならない、などの欠点があります。また、クリアアライナー完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

【特殊な矯正】インプラント矯正当院で扱う矯正装置
インプラント技術を応用した矯正方法です。顎の骨にミニインプラントを埋入し、それを支柱にしてワイヤーを取り付けて歯を引っ張り、歯を動かしていく治療法です。インプラントの埋入のために簡単な手術が必要ですが、抜歯を最小限に抑えることができます。従来の装置では難しい歯の動きも可能となり、治療期間の短縮にもつながります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております