子どもにトラウマを残さない小児歯科

小児歯科

・診療室に入ると、子どもが泣いて治療を嫌がる
・1人で診療室に入れない
・子どもを初めて歯医者さんに連れていくので、治療ができるか不安

このように、お子さんの治療でお困りではありませんか?子どもの頃に歯医者さんで嫌な思いをすると、歯医者さん嫌いな大人になってしまいます。当院の小児歯科は、お子さんにトラウマを残さない治療です。不安を取り除いてから治療をするので、歯医者さん嫌いのお子さんでも安心して通院できます。

最初はお母さんと一緒に歯みがきの練習から小児歯科
初めて診療室に入ったお子さんは、見るもの、聞くこと、初めてのことばかりです。何をどうすればよいのかわからずに戸惑ってしまいます。その状態で治療をすると、お子さんの不安を煽るばかり。特に繊細な子は、診療室に入っただけで怖気づき、泣き出してしまいます。まずは、お子さんの不安や緊張を取り除いてあげることが先決です。

初めてのお子さんは、お母さんと一緒に歯みがきの練習から始めて、歯医者さんの雰囲気に慣れてもらいます。1回で慣れるお子さんはほとんどいませんが、数回繰り返していくうちに、怖がらずに治療を受けられるようになります。

自発的に治療ができるようになるまで待ちます
痛みがあり、治療をしようとすると泣き出してしまうことがあります。痛みを取り除くことは大切ですが、無理に治療をしようとすると、それがトラウマにならないとも限りません。一旦お帰りいただき、日を改めて来ていただきます。

治療が始まるまでの期間が長く、お母さんは不安に思うかもしれませんが、お子さんは大人以上に空気を読むのが上手です。周りの様子を理解できるようになると、ほとんどのお子さんは嫌がらずに治療を受けられるようになりますのでご安心ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております