矯正カウンセリング(相談)

非抜歯矯正

非抜歯矯正とは

矯正治療をしたいけど…「歯を抜かないと治療できません。」と歯科医師に言われ、ショックを受ける方がいらっしゃいます。
歯を抜くことによるデメリットはありませんが、何となく健康な歯を抜くことに抵抗を感じるようです。
そのような方達のために、”歯を抜かずに治す”非抜歯矯正治療法があります。

なぜ歯を抜かないとダメなのか?

そもそも、なぜ?歯を抜かないと矯正治療ができない方がいるのでしょうか。
答えは、”歯を動かすスペースが足りない”からです。

歯がきれいに並んでいる方は、顎(あご)の大きさと歯の大きさがバランスよく収まっています。

歯がきれいに並んでいる方は、顎(あご)の大きさと歯の大きさがバランスよく収まっています。

一方、歯がデコボコの場合、顎の大きさよりも歯の大きさが大きく収まりきっていません。

一方、歯がデコボコの場合、顎の大きさよりも歯の大きさが大きく収まりきっていません。

つまり、歯をきれいに並べようとするならば、
・顎を大きくする
・歯を小さくする
・歯を少なくする
いずれかが必要になります。

歯を抜かずに矯正する方法について

顎(あご)の大きさと歯の大きさのバランスが悪い方の矯正方法は3つあります。
その中でも非抜歯矯正は下記表の1、2に該当します。

矯正方法 抜歯or非抜歯
1. 顎を大きくする 非抜歯
2. 歯を小さくする 非抜歯
3. 歯を少なくする 抜歯

非抜歯矯正の流れ

① 顎を大きくする方法

歯をきれいに並べられる十分な大きさにするために、歯列を後方or側方に拡大します。
*前方に拡大すると出っ歯になってしまうので、後方or側方に拡大します。
*イラストは上顎の歯列です。

例1
治療前
1. 治療前
アンカースクリュー装着
2. アンカースクリュー装着
歯列拡大
3. 歯列拡大
治療終了
4. 治療終了
例2
治療前
1. 治療前
アンカースクリュー装着
2. アンカースクリュー装着
歯列拡大
3. 歯列拡大
治療終了
4. 治療終了
側方移動する場合
側方移動する場合

アンカースクリューという装置を使用し、側方に拡大します。

後方移動する場合
後方移動する場合

アンカースクリューという装置を使用し、後方拡大します。

② 歯を小さくする方法

歯の両端を0.3㎜ずつ削ります。
6本の歯を削ることで1歯あたり0.6㎜×6歯=3.6㎜分大きな歯列を作り出し、歯を抜かずに矯正ができるようになります。

歯の両端を0.3㎜ずつ削ります。6本の歯を削ることで1歯あたり0.6㎜×6歯=3.6㎜分大きな歯列を作り出し、歯を抜かずに矯正ができるようになります。
よくある質問
求人情報

カウンセリングの
ご予約・各種お問い合わせは
こちらまで
*お急ぎの方は、お電話でご予約ください。

駐車場11台完備/
山交バス「山形市役所」
バス停下車5分

電話
ご予約
診療時間
月 火 水 金 8:30〜13:00 / 14:30〜18:00
8:30〜13:00 / 14:30〜16:00
木 日 祝日 休診日

〒990-0047山形県山形市旅篭町3-3-45
フリーダイヤル/0120-383-730
電話番号/023-642-1818

電話
予約
矯正カウンセリング